雑草対策

土と竹とにがりから生まれた雑草の生えない土 雑草アタック

簡単な作業で面倒な草むしりから開放されます。

日本には自然素材だけで土壁や土間(三和土)を作る土の文化がありました。
そんな先人たちの叡智をとり入れて、セメント類を一切使用せず、土と竹繊維とにがり成分(マグネシウム)等の自然素材だけで透明性のある『現代風たたき土』を開発しました。

水をかけるだけで自然な土の色ののままで固まって
雑草をシャットアウトします。

用途

雑草防止用(仕上がり厚 25~30mm)

雑草アタック使用量 40kg/m²(2袋)
庭園、植樹まわり、霊園、墓石まわり、遊休地など

簡易舗装用(仕上がり厚 35~40mm)

雑草アタック使用量 60kg/m²(3袋)
道路、舗装道、アプローチなど歩行頻度が高い箇所

※同一視容量でも下地の状態、転圧方式により若干仕上がり厚が変わります。

特徴

  • 雑草繁茂を防ぎ、草抜き・雑草剤を不要にします。
  • 敷き均し、締め固め、散水のみの簡単な作業で済みます。
  • 透明性、保水性に優れており、ぬかるみ防止とヒートアイランド現象を緩和します。
  • 自然土と竹短繊維の素材そのものの落ち着いた自然な風合いを生かしています。
  • 固化成分の海水ミネラルは苦土肥料として農地に使用されている安全性の高いものです。
  • 竹短繊維は廃棄物とされていた竹材を有効利用し、柔らかく線状加工し人体に安全です。
  • 固まった土は自然環境に無害で、不要になっても廃棄物にならず、肥料として土に戻せます。
  • 竹短繊維などを使用していますので、従来品に比べ軽量で作業性に優れます。